雑記帳

Windows10でHDD不具合、SSDに交換でアクティベーションは必要か?

※当記事は2018年9月実際にSSD交換した備忘録です。マイクロソフトさんが公式に言っている事では無い事も含まれますのでご注意下さい。


概要

2014年頃構築した自作PC(マザーボード:ASUS P8Z68-V, CPU:Core i7-2700K)のHDDがIOエラーでアクセス不可能になりました。これを契機にSSDに変更か?と考えましたが、プロダクトキーはWindows7のものしか無い、たしかWindows10の無料アップデートは2017年12月31日で終わったはず。どうすれば最も安上がりに済ますことができるか頭を悩ませ考えることになりました・・・。

対応の考え方

近くのパソコンパーツショップの店員さんに話を聞いてみたところ。「マイクロソフトさんの方針がいつどうなるか分からないので」という前置きで色々と説明してくれました。

たぶんHDDをSSDに変えた位じゃ新しいアクティベーションは必要ないですよ。」という有益な情報も得る事ができ、「自己責任」で以下の対応方針を決めました。

  1. SSD変えただけなら「プロダクトキー無し」でインストールすれば勝手にアクティベートされると推測
  2. アクティベートされなかったらインストール後にWindows7のプロダクトキーを入れてみる
  3. それでもダメだったら1000円位のボードと一緒にDSP版のWindows10を買う

パーツ購入

第1ステップとしてSSDを購入、crucial、インテル、サムスンで少し悩みましたが、コスパはほぼ同じなのでスピード重視でcrucialを購入。250GBで9,000円前後でした。

Windows10インストール

インストールメディアの作成

Windows10のダウンロード でインストールメディアを作成できます。実施する最新版でインストールメディアを作成する事をおすすめします。インストール後のWindows Updateの時間が大幅に違ってきます。

必要に応じてUSBフラッシュドライブかDVD-Rで作成して下さい。繰り返しを考えればUSBフラッシュドライブ、1度や2度ならばDVD-Rをおすすめします。

64ビットと32ビットの選択ですが、特別な理由が無いかぎりは64ビット選択をおすすめします。

インストール作業

購入したSSDとWindows10インストールメディアを接続してパソコンを起動します。

インストール作業が始まらない場合はBIOSのBOOT順にインストールメディア(USBやDVD)が入っているか確認して下さい。(ASUSの場合は起動時にDeleteキーでBIOSが起動します)

インストール作業でポイントになるのはプロダクトキーの入力画面で「プロダクトキー無し」か「スキップ」を選ぶ事です。

選択を変更するのは「日本語」を選ぶくらいでしょうか。それ以外は表示されたものをそのままインストールを進めます。今回の場合は30分かからずインストールが完了しました。

アクティベーションの確認

結論としては「HDD→SSD交換によるアクティベーションは新しく発生せず自動でアクティベーションは完了」しました。

何通りかで確認できますが、私が良く使うのは「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」で Windows ライセンス認証を確認します。「ライセンス認証されています。」と記述があればOKです。

「スタート」ボタン→「設定」→「更新とセキュリティ」→「ライセンス認証」で「ライセンス認証されています」を確認する事の方が簡単かもしれませんね。

ここまで30分弱でしたが、その後のWindows Updateで2時間半の時間がかかった事を追記しておきます。

まとめと補足

2018年9月時点で確認できたことと入手できた情報をまとめます。

新しいストレージへの交換では新しいアクティベーションは発生しない

他のパソコンで使っていたストレージを移設するとどうかは分かりませんが、既に登録のあるパソコンに新品のストレージを接続してWindows10をインストールた場合は「プロダクトキー」は不要です。自動でライセンス認証が完了します。Windows10の認証は、ハードウェア情報も認証時に登録されていると見るべきですね。

無償アップデート期間にWindows10にアップデートしたライセンスはそのまま使える

お店の方から得た情報ですが、Windows7やWindows8でWindows10無償アップデート期間にアップデートしたプロダクトキーはWindows10のクリーンインストールに使えます。まずはプロダクトキー無しでインストールして、ライセンス認証が完了しなければプロダクトキーを入力する手順で考えましょう。

私はWindows7のファミリーパックで複数本ライセンスを購入しているのでこれは助かります。

DSP版ライセンスを有効活用しよう

パソコンキットなどでセットに含まれるDSP版のWindows10ですが、CPUやマザーボードと一緒じゃなくても購入が可能です。1000円程度のインターフェースボードでも購入が可能ですので、ライセンスが認証されない場合は適切に購入しましょう。

いかがでしたでしょうか。参考にして頂ければ幸いです。
ライセンスを購入するのは最後の手段で過去の資産をまずは活用しましょう。

前のページ

次のページ

ピックアップ記事

  1. サイトマップをグーグルに登録してクローラーを呼び込む
  2. 低価格レンタルサーバー比較:JETBOY vs ロリポップ
  3. Windows10でHDD不具合、SSDに交換でアクティベーションは必要か?

関連記事

  1. 雑記帳

    女性向けの小型で可愛いパソコンを構成してくれと言われ・・・。

    知人から「娘用の小型で可愛いPCのパーツをアレンジしてくれないか」とい…

  2. Wordpress

    【備忘録】WordPressでプラグインを使わずに過去リビジョンを削除する方法

    Wordpressを長い間運用しているとよく更新している記事のリビジョ…

  3. Wordpress

    【備忘録】TinyMCE Advancedで作成した表にwidthとheightを追加しなくする方法…

    TinyMCE Advanced はビジュアルエディターを使う際にとて…

  4. アフィリエイトの始め方

    実録:ロリポップライトプラン→JETBOYミニSSDプラン引越顛末記

    当初はヘテムルかエックスサーバーに引越しを考えていましたが、そういう「…

  5. 雑記帳

    【備忘録】JETBOYメール設定、Beckey! 2.0 編

    私は昔からメールクライアントソフトを RimArts さんの  Bec…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. Wordpress

    アフィリエイトにWordPressが向く理由
  2. SEO

    SNSを利用した集客を考えてみよう
  3. SEO

    SEOって何?その仕組みと考え方
  4. Wordpress

    【備忘録】TinyMCE Advancedで作成した表にwidthとheight…
  5. アフィリエイトの始め方

    アフィリエイトって何?その仕組みと考え方
PAGE TOP