SEO

見出しタグって何?その構造と書き方

見出しタグ(Heading Tag)もSEOを考えるうえでとても重要なものです。検索エンジンは見出しタグを読み込むことで文書の論理構造を理解しますのでルールに則った活用をしましょう。


見出しタグって何?

HTMLで見出しに使われるタグです。見出しのレベルによって<h1>から<h6>までを使うことができます。ページのタイトルとなる<h1>を1ページに1つだけ使い、ページの内容によって構造的に各見出しタグを使うことによって、検索エンジンが論理構造を理解しやすくなり、SEO対策に有利に働きます

見出しタグは「h1 → h2 → h3 → h4 → h5 → h6」と言う順番で記述しましょう。<h3>の上に<h4>が来ると言う使い方はNGです。

  • h1:大見出し
  • h2:中見出し
  • h3:小見出し
  • h4:h3の下の見出し
  • h5:h4の下の見出し
  • h6:h5の下の見出し

WordPressで記事を書く場合の注意点

アフィリエイトでWordpressを使う場合はSEO対策済のテーマを使う場合があると思います。その場合は本格的に記事を書く前にテーマがどこまで見出しタグを使っているか確認して下さい。マニュアルに明記してればそれでいいのですが、記述していない場合は自分でソースを確認してテーマがどこまで見出しタグを使っているか確認する事が必要になります。

このサイトは株式会社デザインプラスの「MAG」というテーマを使っています。このテーマもSEO対策がすでに施されてあって、h1~h3の見出しタグが既に使われています。よって、記事はh4~h6の見出しタグを使って記述しています。

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

目次にも使える

このサイトでも使っていますが、「Table of Contents Plus」というプラグインを使う事によって自動的に目次を作成する事ができます。

記述ルールを守る事が書きやすさにつながり、読みやすさにつながっていくと思っています。

記事はh4~h6の見出しタグを使って書いていますので少しだけ上級者向け設定をカスタマイズしています。

設定

ピックアップ記事

  1. Windows10でHDD不具合、SSDに交換でアクティベーションは必要か?
  2. 低価格レンタルサーバー比較:JETBOY vs ロリポップ
  3. サイトマップをグーグルに登録してクローラーを呼び込む

関連記事

  1. SEO

    GoogleのSEOで押さえたい3つのポイント

    今現在Google検索エンジンが日本の実質的な検索シェアの9割以上を占…

  2. SEO

    タイトルタグ、ディスクリプションタグって何?その仕組みと考え方

    SEOの基本中の基本であるタイトルタグとディスクリプションタグを説明し…

  3. SEO

    サイトマップをグーグルに登録してクローラーを呼び込む

    グーグルのクローラー(巡回ロボット)は基本的にリンクを頼りに巡回します…

  4. SEO

    キーワード選定ってどうやるの?脱初心者への第一歩

    記事を書きなれてくると「狙ったキーワードで検索上位表示したい。」と思い…

  5. SEO

    記事タイトルを魅力的にするための6法則を再度考える

    世間で言われる「記事タイトルを魅力的にするための6法則」をもう一度考え…

  6. SEO

    SNSを利用した集客を考えてみよう

    SNSを使った集客も連携して行っていきましょう。このページではFace…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. Wordpress

    【備忘録】TinyMCE Advancedで作成した表にwidthとheight…
  2. アフィリエイトの始め方

    レンタルサーバーの契約と独自ドメインの取得
  3. GoogleAdSense

    GoogleAdSenseをスマホアプリで使ってみよう
  4. Web力強化

    アイキャッチ画像に使える無料素材サイト
  5. CSS

    CSSで蛍光ペンの様なアンダーラインを引く方法
PAGE TOP