SEO

GoogleのSEOで押さえたい3つのポイント

今現在Google検索エンジンが日本の実質的な検索シェアの9割以上を占めています。GoogleでのSEOを成功させることがそのままSEOの成功に直結します。ここではGoogleのSEOの基本的なポイントをまとめ紹介します。


Googleのアルゴリズム

Googleがいかに優れた検索エンジンでも、Webサイト内の全ての情報を無条件に正確に認識したり、その情報の面白さや素晴らしさなどを人間と同じように判断することは出来ません。

そこで、どのようなテーマについて書かれたページであるか、それがユーザーにとって価値があるか、信頼できるサイトであるかなどについて、様々な評価項目を元に独自のアルゴリズムで得点を算出し、ランキングを決定しています。

SEOとはそれらの総合得点を高め、より上位に表示するために行う対策です。Googleは具体的な得点計算方法を公表しませんし、日々細かな変更も行われていますので、アルゴリズムを具体的に特定することは出来ませんが、このページで挙げるような基本的なことを実施することが対策になります。

アルゴリズムの基本

GoogleのSEOは、まずは下記3点を理解し実行することが重要です。

  • 検索キーワードが入ったコンテンツにする
  • ページの内容をGoogleが理解できるように伝える
  • リンクを集めることでサイト価値を高める

これらが適切に行われていればGoogleはサイトの情報を正しく評価することができます。もちろん競合するWebサイトよりも高得点を得なければなりませんので、特に競合が多い人気のキーワードは上位表示が難しいと言われます。対策のポイントについて解説していきます。

検索キーワードが入ったコンテンツにする

例えば「仕事探し 地域 比較」と検索するユーザーは、「その地域での仕事探しを比較したい(⇒自分にあった仕事を見つけたい)」と考えていると予想できますし、「ダイエット 通販」と検索するユーザーは「ダイエットグッヅを通信販売で購入したい」と考えていると予想できます。

Googleはそういったユーザーの検索目的をより満たせそうなWebサイトを上位に表示させるようアルゴリズムの刷新を行っていますので、まずは上位にヒットさせたいキーワードが入ったWebサイト及びコンテンツを作ることがSEOの前提となります。

ページの内容をGoogleが理解できるように伝える

いくらユーザーにとって役に立つコンテンツ、検索キーワードに応えられるページであっても、肝心のGoogleが内容を理解してランキングに反映してくれなければSEOとは言えません

よく「画像やばかりでテキスト情報の少ないページはSEOに向いていない」と言う話を聞きますが、これは画像に書かれている情報をGoogleがユーザーと同様には認識できていないことが原因です。つまりユーザーに見えるものと検索エンジンが理解しているものは異なるため、ユーザーにも検索エンジンにも理解できるWebサイトの作り方をすることが重要です。

たとえば

  • タイトルタグやmetaタグに重要なキーワードを入れる
  • 見出しや本文に重要なキーワードを入れる
  • 画像など非テキスト情報には代替となるテキスト要素を記述する
  • アンカーテキストでリンク先の情報を正しく記述する
  • デザインが不要な文字情報はテキストとして記述する
  • 不完全なアルゴリズムの隙を突き、検索エンジンを欺くようなことはしてはいけない

など、どれも基本的なことですが、細部まで見れば実践されているWebサイトはごく僅かです。特にデータベースを利用するしコンテンツ規模が大きくなりがちなWebサイトでは技術的なSEO要件をしっかりと考慮することが必須となりますが、基本中の基本と言えるタイトルタグのチューニングすらまともに反映されていないサイトが大半です。

リンクを集めることでサイト価値を高める

検索エンジンが理解したページの内容だけではなく「第三者からの評価」もランキングを決定する上で重要な評価項目です。それが「被リンク」です。被リンクはGoogleのSEOにとっては今も昔も変わらず欠かせない要素です。

Googleは被リンクの状況を見て、下記のような評価を行なう様です。

  • 人気のあるページには様々なサイトからたくさんリンクが集まる
  • 信頼のおけるサイトからリンクされるサイトは信頼でき
  • 同じテーマを扱うコンテンツからよくリンクされるページはより貴重な情報を発信するサイト
  • リンク元のアンカーテキストの中に多く含まれるキーワードはそのページの特に重要なテーマ

SEOに対する環境の変化

最近ではアルゴリズムの進化だけではなく、従来型の上位表示対策によく見られるようなスパム行為に対するGoogleの対応は日に日に厳しくなっています。そういう意味で「以前よりSEOは難しくなった」ということがよく言われます。例えば大量の被リンク購入による上位表示対策、中身のないページの量産、は数年前は実際に一定の効果が得られていましたが現在ではそうした手法のほとんどが逆効果になります。

これからのGoogleのSEOでは、そうした背景も加味しながら、「サイトの技術要件を正しく整備する」「テーマに沿って役立つ情報を掲載する」「ユーザーの自発的な被リンクを集める」といった、本質的なSEOに取り組む必要があります。

ピックアップ記事

  1. Windows10でHDD不具合、SSDに交換でアクティベーションは必要か?
  2. 低価格レンタルサーバー比較:JETBOY vs ロリポップ
  3. サイトマップをグーグルに登録してクローラーを呼び込む

関連記事

  1. SEO

    SNSを利用した集客を考えてみよう

    SNSを使った集客も連携して行っていきましょう。このページではFace…

  2. SEO

    キーワード選定ってどうやるの?脱初心者への第一歩

    記事を書きなれてくると「狙ったキーワードで検索上位表示したい。」と思い…

  3. SEO

    見出しタグって何?その構造と書き方

    見出しタグ(Heading Tag)もSEOを考えるうえでとても重要な…

  4. SEO

    記事タイトルを魅力的にするための6法則を再度考える

    世間で言われる「記事タイトルを魅力的にするための6法則」をもう一度考え…

  5. SEO

    サイトマップをグーグルに登録してクローラーを呼び込む

    グーグルのクローラー(巡回ロボット)は基本的にリンクを頼りに巡回します…

  6. SEO

    はてなブックマークを利用した集客を考えてみよう

    はてなブックマークはSEO価値を高めるにも、SNS上でバズを引き起こす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ASPアフィリ

    ASPアフィリエイトって何?その仕組みと考え方
  2. GoogleAdSense

    GoogleAdSense審査その基準は?
  3. Wordpress

    【2018年】Google XML Sitemaps 設定徹底解説
  4. SEO

    キーワード選定ってどうやるの?脱初心者への第一歩
  5. 雑記帳

    女性向けの小型で可愛いパソコンを構成してくれと言われ・・・。
PAGE TOP